エンタメ お笑い

5GAPはどんな芸人?ホワイト赤マンが面白い実力派【動画あり】

芸人コンビの5GAP

筆者としては、格別に面白いお笑いコンビだと思うんですが、なぜか売れていないんですよね。

サンドイッチマンの富澤たけしさんや、ナイツの塙宣之さんみたいに、とぼけすぎるるボケがたまりません。

中でもホワイト赤マンという、チープな正義の味方(?)のようなキャラクターは最高です。

以前は「爆笑レッドカーペット」(フジテレビ系)にも良く出演していて、腹を抱えて笑った記憶があります。

これは売れるだろうなと思ってましたが、全くそのような兆しはなく、いまだに認知度も低いように思えます。

歌が下手でも売れる歌手はいますし、演技下手でもブレイクする役者はいます。

それと同様に、「なぜ面白くもない芸人がウケてて、5GAPが売れないんだ!」と思ってしまいます。

ところが最近、ベテランの人気芸人たちが「5GAPが一推し」「5GAPが売れないのが不思議」と口々に発信しているので、にわかに注目を集めているようです。

嬉しい流れですね。

今回はそんな5GAPを取り上げたいと思います。

 

 

 

 

5GAPはどんな芸人?ホワイト赤マンの動画

ホワイト赤マンとは

5GAPがどんな芸人かは後ほどとして、まずはネタを見てみましょう。

これが「爆笑レッドカーペット」に出演していたときのネタ、「ホワイト赤マン」です。

5GAPの代表的ネタの主人公・ヒーローですね。

ホワイト?赤?どっちやねん??ってことですが、基本は赤いヒーロースーツ(全身タイツ)を着ています。

「あっはっは〜!」的な笑い声と主に、脚を真っ直ぐに上げて歩く「ガチョウ行進」で登場します。

時には「良い子の味方」だったり、時には「地域を守る」正義のヒーロー(気取り)です。

このずば抜けたトボケっぷりが最高なんですよ!

最高に好きですね〜、ホワイト赤マン!

ホワイト赤マンは、本名山下進(無職)といい、時給660円で週1で働いているそうです。(笑

 

あと、これ!

最近のネタ番組でも披露した、「転校生」ネタです。

まぁ、よくもここまで適当なキャラを!

くだらないんだけど笑っちゃう!

これってお笑いの本道な気がするんですがね〜。

 

ベテランも推す芸人・5GAPは最近改名した

5GAPは、ボケ担当の久保田賢治さんと、ツッコミ担当の秋本智仁さんのコンビです。

結成は世紀末の1999年というから、もうベテランの域に達しています。

同期には平成ノブシコブシやピース、キングコングらがいて、どのコンビもすでにブレイクしていますよね。

5GAPというコンビ名は、二人の年の差が5歳(秋本さんが年上)だったからだそうです。

芸人の将来を決めるポイントと言っても過言ではない賞レース、「キングオブコント」では準決勝進出どまり。

ここでグランプリ、あるいは準グランプリになっていれば、もうちょっと違った方向になっていたかも知れませんね。

最近になって、ベテラン芸人たちが5GAP推しの発言をしています。

千鳥の大吾さんは「5GAPが売れんのは不思議」と言ってますし、博多大吉さんも「イチオシは昔から5GAP」と言うように、GAPの実力は十分にある事をアピールしています。

また、最近になって、久保田賢治・秋本智仁という本名を改名しました。

久保田さんが「クボケン」秋本さんが「トモ」となりました。

これは3月23日に放送された「いろはに千鳥」(テレビ埼玉)に発表されたもで、本名で活動することが「良くない。大病を患う可能性がある」と占われたことから、改名に踏み切ったようです。

これが、ブレイクするきっかけになるといいですよね。

 

 

5GAPクボケン(久保田賢治)は肝臓を患っていた

占いで「大病を患う可能性がある」と指摘された5GAPですが、実際にクボケンさんは「慢性腎不全」になっています。

透析を続けるか移植しかなく、医師からは何もしなければ余命3年とまで言われていたとのことです。

透析生活だと芸人として動きがとれないので、移植手術を選択するのですが、腎臓の提供者は年老いた父親だったようです。

手術は2016年7月に行われています。

闘病の間は、移植提供者の父や色々と言葉をかけてくれた母、そして相方のトモさん、後に奥さんになる当時の恋人、そして多くの芸人仲間に支えられた事を後のインタビューで答えています。

今は仕事や生活にも問題はないようなので、本当に良かったですよね。

5GAPのネタが見られなくなるなんて、考えられません。

 

 

まとめ

最近ブレイクの兆しが見えてきた5GAPのお話でした。

芸歴20年の彼らは、実力は十分。

あとは運が味方してくれるタイミングを待つしかないですね。

クボケンさんは、「ホワイト赤マン」に縛られるのは気が進まないようですが、もちろんホワイト赤マン以外のネタも面白いので、ますますメディア露出を願っています。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

-エンタメ, お笑い

Copyright© Neta Warehouse , 2021 All Rights Reserved.