エンタメ

みのもんた 最終収録 ケンミンショー番組降板 収録中は寝てる?

大御所フリーアナウンサーのみのもんたさん(75)が,唯一のレギュラー番組「秘密のケンミンSHOW」の最終収録を行いました.

「みのさん大慰労会SP」と銘打った収録には,亡くなった妻の靖子さんが好きだったという衣装で臨みました.

 

 

 

みのもんた 最終収録

「みのさん大慰労会」の収録に涙はなかったとのことです.

華やかなくす玉と花束のラストでは,みのさんが言いました.

 

「『秘密のケンミンSHOW』は永久に不滅です!」

「13年間もレギュラーを続けてこられたのは皆さんのおかげです。僕の歴史に華を添えていただき、本当にありがとうございました」

 

この収録には,みのさんのスタイリストで8年前になくなった妻・靖子さんが好きだったという衣装で臨みました.

紺のブレザー,チャコールグレーのスラックス,青系のネクタイというスタイル.

 

「僕と家内が好きな組み合わせ。きょうはこれを着ようと、ずっと前から決めていた」

 

と,みのさん.

泣けますね.

 

実はケンミンショーでは,靖子さんの名前をクレジットし続けていたようです.

「スタイリスト御法川靖子」と.

番組の粋な計らいだったのですね.

これに対してみのさんは

 

「最後の最後まで家内の名前を本当にありがとう」

 

と語っています.

 

ケンミンショーは13年続きました.

 

「47都道府県を紹介すればネタが尽きて終わるだろうと言われていたし、僕自身、短命番組になると思っていた。食はその国の文化であり、紹介し続けたスタッフの切り口と頑張りのおかげ」

 

と,みのさんは番組関係者に感謝しています.

また,視聴率はずっと良かった事が「宝」だと語りました.

 

 

みのもんた しゃべらない 寝てる証言

最近のみのもんたさんに対すして「しゃべらない」「寝てる」という心配する声がありました.

みのさんも70歳を過ぎたあたりからは,仕方がないことですが「老化」が見えてきましたよね.

やはり加齢による体力の低下は否めないです.

ましてや,スタジオ収録で大勢を仕切る司会進行をするとなると,半端ない体力の消耗と神経も使います.

疲れちゃいますよね.

 

「みのもんた、本番中に寝てるのかな?まぶたが重そうだし、目が変だよね。」

 

このような意見が,ネット上に多く見られました.

また,司会者なのに「しゃべらない」というもの.

ケンミンショーでも久本雅美さんにすべてを任せてる印象もありました.

みのもんたさんと言えば,なんでもズバズバ言い,自分の意見も交えて視聴者に伝えてきたスタイルですよね.

それを知っている人にとっては,この変わりようは心配になってしまいます.

「うつ」や「薬物疑惑」なども飛び出すほど,みにさんの様子はある意味「事件」だったのかも知れません.

 

 

みのもんた ケンミンショー降板の決め手は?

みのもんたさんの最後のレギュラー番組ケンミンショーの降板は「クビ」ではなく「辞退」であるということです.

みのさんいわく,まず決め手となったのは「免許更新試験を落第した」ことだったようです.

最近世間でも問題になっている高齢者の運転.

実際に自分の身に起こった,運転不可の裁定はそうとうショックだったと思います.

それゆえに,テレビのレギュラー番組を降りようと考えたのかも知れません.

また,

 

「若いタレントの名前が覚えられない」「若手の絶叫と阿鼻叫喚(あびきょうかん)のテンポについていけない」

 

と感じていることも決め手になったようです.

若い人の勢いは凄いですからね.

以前なら,みのさんのオーラで封じ込めることも簡単だった時期もあったかと思いますが,「年老いたな」とご自身が言うように,そういうすべての事に背中を押されたんですね.

ベテランが自ら身を引くことは簡単じゃないと思うんですよね.

人によっては降板を促されても,「まだ大丈夫」としがみつく場合もあるかと思います.

その点,みのさんはわきまえた方だったんですね.

 

 

みのもんた 最終収録に対する世間の反応

■お疲れ様でした。
今はいろいろ言われてますが、一時代を担った方だと思います。
ゆっくりして下さい

■正直なところ
観ていて不安だった
ほんとにもうおじいちゃん
元気なうちに、巷の人が元気な姿のまま認識している今で良かったと思う
功績をあげた方だからこそ

■最期はいろいろありましたが、アナウンサータレントの先駆け的存在で子供の頃から「好プレー珍プレー」などで親しまれた声の持ち主でした。テレビでの活躍は多大でしたが、これからは「過去の人」になってしまうのだと思うとやはり寂しいですね。
お疲れ様でした。

■文化放送のアナウンサーからフリーになりラジオではスケベジジイで名を上げてその陽気な人柄からテレビでも引っ張りだことなった
途中息子の不手際から一時は窮地に落ちそうになったが自らの頑張りで脱したこともあった
まぁ近い将来旅番組かなんかでテレビ復帰することもあるだろう
とにかく今はお疲れ様と言ってあげたい

■すごい、75歳まで現役で働き続け、、
お好きなのもあるでしょうね。
私は好きな仕事じゃなくなってきて
お金の為〜みたいになってしまった。
みのさんの後継も良い感じですね!まちゃみも長いな。
お疲れ様でした!ゆっくり余生楽しまれて下さい。

Yahooニュースより引用

「お疲れ様でした」の声が多いですね.

 

 

みのもんた 最終収録 まとめ

みのもんたさんの全盛期は,まさに飛ぶ鳥を落とす勢いでした.

帯番組はもちろん,全曜日にみのさんを見ない日はないくらい,さまざまな番組に出演していました.

これでギネス記録に認定されていますよね.

お金もあって豪快に銀座で毎夜呑む姿も話題になりましたね.

今回の降板も,自らが選んだ道とのことで,「老兵は死なず.ただ消え去るのみ」実践されたのですね.

完全な引退ではないので,またどこかの番組で姿を見ることができそうですね.

まだまだ「呑みには行く」そうで,元気でいらっしゃいます.

最後までお読みいただきまして,ありがとうございました.

 

-エンタメ

Copyright© Neta Warehouse , 2020 All Rights Reserved.