社会

オンラインお見合いが流行の兆し ZOON使用で婚活に変化の内容は

オンラインお見合いって何?

新型コロナウイルス感染拡大防止で緊急事態宣言が出されて以降,「オンラインお見合い」なるものが流行の兆しです.

インフラが進みスマートフォンやタブレット端末が普及したことにより,画面を通しての会話が当たり前になってきました.

オンラインを活用したサービスは多々ありますが,いよいよお見合いオンラインが台頭してきたようです.

 

 

 

 

オンラインお見合いが流行の兆し

「47NEWS」が伝えています.

 

新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が叫ばれる中、婚活市場でも「異変」が起きている。感染の危険性があるお見合いや婚活パーティーを強行する業者が避けられる一方、自宅でできる「オンラインお見合い」(オンお見)に人気が集まっている。結婚相談所の経営者で『となりの婚活女性は、今日も迷走中』の著書もある大西明美氏によれば、リアルお見合いよりも男女の距離が縮まりやすい意外な傾向が出ているほか、今だからこそモテやすいタイプがあるという。
47NEWSより引用

 

オンラインならではの家にいながらお見合いができる手軽さが人気のようですね.

リアルなお見合いだと,場合によっては「家同士」の参加になり身構えたイベントですよね,

本人たちもかなり緊張してしまいます.

「縁結び役」になる紹介者もいるので,ガチガチな雰囲気になりがちです.

従来のお見合いだと「結婚」を前提になりますよね.

この「オンラインお見合い」=「オンお見」は,もっとカジュアルな感じなので,まずは「出会い」を求めるイメージもあります.

若い人の中には異性といるより同性の友達といる方が楽しいという人もいます.

ますます少子化に拍車がかかってしまうのを防ぐためにも,ある意味「いいツール」になりそう(?)です.

 

 

従来の婚活

理想の結婚相手を探すために頼れる昔からある結婚相談所などは,互いのヒヤリングから得た情報を基に相手を会わせる手法でした.

それだと「気に入らない」場合は何度もこの工程を繰り返すことになり,かなり効率が悪いです.

また「仲人」が介在して相手を紹介してくれる場合もあり,仲人さんの顔を潰すのでは?など余計な心配事が増えたりします.

最近では「婚活パーティ」なども開催され,多くの男女を集めて選択肢を増やし,互いに会話することで相手を見つける手法が主流になってきました.

もちろん,ここで気に入った人がいないと何度も参加することにはなりますが,従来の人に頼った紹介よりは遥かに効率的で自分の好みの人も探せるようになりました.

しかし最近の外出自粛要請に伴う「3密」を避けるという現状では,婚活パーティは真逆の行動になってしまうんですね.

婚活パーティの多くはホテルのイベントスペースや船上などかなりの「密室」での開催になります.

人が群がり会話する距離も普段の生活から比べても,もかなり接近することになりますね.

これでは参加者もいないでしょうし,なんと言っても主催者が自粛しているのが現状かと思います.

でも人の欲求は底がないので,こんな時でも「理想の人と出会いたい」という思うは消えることがないんですね.

そこで登場するのは「オンラインお見合い」という事になるのでしょうか.

 

 

オンラインお見合いは zoomを使う

最近では「オンライン呑み会」も流行っていて,こんな状況下でのふさぎがちな気分を晴らすにも「良い」とされています.

そこでは老舗のskypeやLINE,台頭著しいZOOMなどのアプリを介して行われています.

オンラインお見合いを請け負う結婚相談所の多くはZOOMを使っているようです.

長いことビジネスシーンで活躍してきたskypeは相手にコールする,いわゆる電話と同じ方法で繋がります.

一方ZOOMは通話ではなく「会議室に入室する」イメージとなり,送信されてくるURL(会議室の番号のイメージ)をクリックしてミーティングをスタートさせます.

直接コールだと心の準備が出来なくても出なくてはならないので,そういう意味で精神衛生上ちょっといいですね.

またZOOMは使用データ容量が少なめなので安定していると思われます.

各家庭のインフラ事情が同一とは限らないので,この方式は考えられていますね.

最近は脆弱性が見つかっていましたが,アプリを最新バージョンにすれば解決するようです.

 

 

オンラインお見合い 感想

すでにオンラインお見合いを経験された方々の感想です.

こちらは「阪急大阪梅田直結の結婚相談所トゥルーハート」さんの記事から.

 

<20代女性>

私にはとても向いていました。ホテルのロビーラウンジでは、周りの話や雰囲気が気になってしまうことがあります。オンラインは2人だけなので、会話に集中出来ました。

<30代男性>

最初はドキドキして変な感じでしたが、10分も経たないうちに慣れました。最初、仲人さんが紹介してくれたので和みました。

<30代女性>

やっぱりお会いした方が判断出来ると思います。ただ、プレ交際でお会いして、違うと思ったらお別れ出来るルールなので、そんなには気になりませんでした。

結婚相談所トゥルーハートより引用

 

当然ながら向き不向きはあります.

ただ移動時間もなく,ある程度のカジュアル感があるので打ち解けやすい雰囲気にはなりそうですね.

もちろんリアルに対面しないと判らない部分が多いのも事実ですが,世の中の現状を考えると「あり」な方法だと思います.

普段忙しく婚活したくても出来なかった方で仕事が自宅待機になっているなら正直チャンスだと思います.

このくらいのことで会社から怒られることはないと思います.

ただ現状ですと,相手が見つかっても実際に会うことが叶わないということはありますね

こちらの「結婚相談所トゥルーハート」さんの記事では,オンライン活用についての思いが綴られています.

 

 

オンラインお見合いのまとめ

これまでのお見合いの概念とは違いますが,これはこれでいいのかなぁと思います.

賛否はありますが,それを求めている人がいるのも事実ですから.

オンラインだとちょっとカジュアルだしお金もかからない.

反面,正面顔しか見えないのでスタイルや匂い,男性なら頭が薄いなども部分も分かりづらかったりします.

そこを懸念するなら利用しなければいいだけです.

しかし婚活に藁をも掴む思いの方もいますから,取っ掛かりとしても良いのかも知れません.

いずれにしても,気の合いそうな人と出会えても,今は直接会うことが難しいです.

お見合い以降をどう乗り切るかも課題になりそうですね.

最後までお読みいただきまして,ありがとうございました.

 

-社会

Copyright© Neta Warehouse , 2020 All Rights Reserved.