整理整頓

洋服も整理の対象にしよう

洋服や靴もいつの間にかあふれるものです。

これらも思い切って処分することで気分もさっぱりします。

 

 

洋服や靴も増えがち

最近では洋服もファストファッションなどと言って,かなり安くかつ見た目も悪くない洋服も増えてきました.

いい気になって買っていると,いつの間にか洋服箪笥もいっぱいになってしまいます.

洋服選びのあるあるですが,店で見たときは自分に合っていると感じて喜んで購入します。

ところが,いざ家に戻って試着してみると鏡に映った自分に「何か違うなぁ」と言う状況に陥ります.

まぁ安いしいいか,いつか着るだろうと言うことでタグも外さないままにしまい込みます.

そのうちその洋服の上には別の洋服が重ね上げられ,いつの間にか下のほうに隠れてしまいます.

季節ごとの衣替えの時に,これなんだろう?と言って手にしたものは,結構半年以上も前くらいに買った服であることに気がつきます.

でもタグも付いているし,まだ新しいし,まぁいつか着るだろうと言うことでまた元の位置に戻します.

季節ごとにこの繰り返しが行われ,気がつけば着ない洋服が結構な数になります.

非常にもったいないのですが,これはいつまでたっても着られる事は無い洋服です.

靴も同じようなものです.

高いスニーカーなどは,迷って買うのでちゃんと履くのですが,最近通販でも安い靴が買えるので,つい写真に惑わされて買ってしまうこともあります.

実際に届いてみると,何か写真と違う質感で履く前から気に入らないと言うこともあって箱から出さずしまい込む.

結局これも剥履かれる事は無いわけです.

 

きれいなものは売る

今はネットで物を売ることができる時代です.

ヤフオクやメルカリなどはその代表ですね.

そういうサービスを利用して,少しでも小遣い稼ぎになればラッキーです.

売れた際に梱包して発送することが非常に面倒臭いんですが,これも慣れてしまえば大した事ではありません.

もちろん買った時の値段より,安いわけですがただ単に捨ててしまうよりは,少しでも稼げればまた何かの足しにできます.

洋服や靴には流行廃りがありますが,希少価値なモノに関しては他より価値が上がって高く売ることが可能ですね.

特にブランド物などはその傾向があります.

靴やバックは上質なモノだと結構な価格になります.

まぁそれだけ高いものは気に入って欲しくて買ったものなので、泣く泣く手放すと言うことかもしれませんが,どうせ使わないでタンスの肥やしになっているのであれば、思い切って売ってしまいましょうわ

 

善意の象徴 寄付をする

洋服や靴の状態によっては,ヤフオクやメルカリで売れないなぁと言うものもあります.

そういう時は寄付をすると言う手があります.

これはいわゆる開発途上の国で困っている子供たちのために使われるものになります.

実際は洋服そのものが使われることもありますが,中にはその服を利用してワクチンを買って海外に支援物資として送ると言うサービスもあります.

私はこれを1番利用しています.

あまり汚いものはダメです.

ぼろ布みたいになってるものはNGとされているので,捨てると言う意識ではなく困っている人のために役立てたいと言う気持ちで取り組むことになります.

タンスの奥にしまってあった場合などでムシを食ってしまったり,なぜか少し薄汚れてしまう場合もあるので,ムシ食い衣類はやめて汚れたものについてはいちど洗濯をしてから送るようにしています.

送りに際しては衣類を入れる箱を買うわけですが、お金を払って引き取ってもらうと言う形にはなりますので、そこがどうも気になると言う人には向きませんね.

私のようになかなか捨てられないと言う人は,これをする事で誰かの役にたつと思えば,お金も無駄にならないという思考が持てるならぜひともやったほうがいいかなと思います.

私が1番利用しているのは「古着でワクチン」です.

運営している方たちもかなり大変なようで,出資元が変わったり名前が少し変わったりしていますが,永続的にサービスを提供してくれています.

同じようなサービスは他にもあるのでネットで検索した上でその内容もしっかり見てそして決めていただければと思います

 

どうしようもなく汚いものは捨てる

先程からお話ししているようにタンスの引き出しの奥に入ってしまったモノは,なかなか日の目を見ることもなく,見つかったときには結構悲惨な状態になっていることが多いです.

洗って済むのであればまだ良いのですが,タンスの奥に押しつぶされて深いシワが残り,アイロンかけても元に戻らなそうな服や虫に食われて目立つところに穴が開いてしまっているものなどはもうどうしようもありません.

1回洗って寝るときに着る服として使うかなど方法はありますが,そこまでしても着れる状態ではないものはもう思い切って捨てましょう.

 

ただ私はこれにもう一歩踏み込みます(笑

もはや着れない服なので捨てる道しか残っていないのですが,私はこれを細く断裁してウエスとして使うようにしています.

ウエスと言っても使い方は様々.油料理をしたときの皿を洗うときに,事前に拭き取るのにも使っています.

そうすると余分な脂が下水に流れ込むことも少ないですし,ちょっとエコな気がします.

まぁ,これも貧乏性な私が,モノを無駄に捨てず少しでも役に立てばいいなぁという考えから生まれた行動なのです.(セコい)

もちろん各サイズに切った布切れを置いておくところが必要になるので,これが溢れてしまっても意味は無いので,その辺の管理も考えながらやらないとただのゴミ山になってしまいますね.

 

今回のまとめ

捨て無精にとっては洋服や靴,カバンなども捨てられない対象物になります.

基本的に捨てるのはもったいないと考えているので,捨てる以前に何かの役に立たないだろうか(捨てないで済む方法はないか)あれやこれや考えます.

そういったときには「売る」「寄付する」「捨てる」などモノの状態に準じて対応するといいかと思います.

どの場合でも,「なにかの役に立つ」ので決して無駄なことにはならないと自分に言い聞かせてやっています.

 

-整理整頓

Copyright© Neta Warehouse , 2020 All Rights Reserved.